Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
35年振りの復活!『バックトゥザフューチャー』感想 | あゆきょちの映画の館〜元ベテラン映画館スタッフブログ〜

35年振りの復活!『バックトゥザフューチャー』感想

1985年作品

 日テレ金曜ロードショー『バックトゥザフューチャー』地上波放送!久々に見ます!

 まず、冒頭のシーンで、主人公マーティは、全容を見せず、友達のドクの処に現れるシーンが、足のカットから始まる。 

主人公を演じるのは、我らがマイケルJフォックス。最初、主人公は違う役者を予定してたそうだ。 

 あらすじ

マーティは、ドクの家に朝早く行き、ドクの家にてチューニングを合わせ演奏しようとするが、ドクのオリジナルのアンプの様な機械の大音量の高さに吹き飛ぶ。

吹き飛んだ先の棚からモノが落ちマーティの目にサングラスが、かけられる。そして、彼の顔のアップ。最高にクールな主人公の登場シーンである。 そんなマーティの元に、もう1人の主人公 ドクから電話がかかってくる。 歴史を変える発明をした!と、ドクは親友のマーティに語りかけ、日時を指定して会いたいと言った。 家の中を時計が8時だと鳴り響いたが、時計は狂っていた。 

マーティは、又遅刻だ!とマーティの相棒とも言えるスケボー(スケートボード)に乗り、高校に向かう。 

また、4日連続の遅刻だ!と言い、校門に着くが、恋人ジェニファーが現れ“教頭にバレないのはこっちよ”と、教室への道標になる。 だが、教頭にバレてしまい、遅刻の切符を切られてしまう。

 “フツウ”の日常を送っていた筈のマーティだが、ドクが、プルトニウムを取ったことにより、チンピラにやらて…マーティは逃げる為にデロリアン(タイムマシン)に乗って、過去に向かうのであった!ドクを救うべく-そして…。

バックトゥザフューチャーのAmazon検索

  感想をジックリ書くより、本当に見て欲しい作品。普及の名作。普及の名作だが、本当に今見ても、夢がある。大好き。

BGM良し、主人公イケメン、胸熱友情!おススメの1本。映画好きなら見てるでしょ、そりゃ!

『バックトゥザフューチャー』(IMDbより画像)

映画『バックトゥザフューチャー』国内外評価

英語サイト、ALL MOVIEでの『バックトゥザフューチャー』の評価は4.5/5

IMDbでの『バックトゥザフューチャー』の評価は8.5/10。

日本での評価サイト、映画.comでの『バックトゥザフューチャー』の評価は4.4/5

KINE NOTEでの『バックトゥザフューチャー』の評価は87.8/100。

Y!映画での『バックトゥザフューチャー』での評価は4.6/5

Filmarksでの『バックトゥザフューチャー』の評価は4.2/5

概ね、高評価ですねl

コメント

タイトルとURLをコピーしました