Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
TVアニメマクロスΔ総編集『劇場版マクロスΔ〜激情のワルキューレ〜』2度目見たネタバレ感想 | あゆきょちの映画の館〜元ベテラン映画館スタッフブログ〜

TVアニメマクロスΔ総編集『劇場版マクロスΔ〜激情のワルキューレ〜』2度目見たネタバレ感想

アニメ

2018 年5月にMX4Dで見てたのですが、レンタルしました。 正確には、旦那さんがレンタルしてきた。

『劇場版マクロスΔ〜激情のワルキューレ〜』あらすじ

 STORY自体は、異星人ゼントラーディが、地球人類と争う事になった遥か昔。その決着方法とは、巨人のゼントラーディ(縮小も出来る)の心に地球人の“歌が”響いて戦争を終結させた。

そして、戦争は終結したかの様に見え、何回も繰り返されていた。 その度、地球人は、音楽と巨大遺跡の機械〜巨大ロボットの様なマクロスを要し、ゼントラーディと戦ってきた。 Δ(デルタ)自体の舞台は、他の種族もいる世界。

戦術音楽ユニット『ワルキューレ』と、それに憧れるフレイアの物語である。 

感想は、前回と同じ。 2年前に見たのに、あまり変わらない感想…。

 ただ、MX4Dで見た時より、ちゃんと感想書きますね。

TVアニメマクロスΔ総編集『劇場版マクロスΔ〜激情のワルキューレ〜』2度目見た感想

この『マクロスΔ〜激情のワルキューレ〜』は、TVアニメの編集版。

ちゃんとTVアニメを見なかった私でも、再確認出来た。ちゃんとTVアニメ見てないのに、Liveに行った事がある私ですが…。

マクロスΔの前の作品『マクロスF』のTVからの劇場版は、TV版の総集編だったのですが、大きな改変はシェリルとランカが通う芸能学校‘美星学園’の同級生であり友達ミハエルが、死ななかった。TV版では戦争中に亡くなっている。

 その『マクロス』シリーズでの事例がある為、この『マクロスΔ』のTVアニメ総集編の映画では、メッサーが死なないと思って映画を見たけど、変更は無かった。

 戦死は変わらなかった。

キャッチコピーは“いつか この声が果てる その日まで”。

21世紀。マクロスの舞台自体、地球人と異星人‘ゼントラーディ’と交戦していた。 ゼントラーディと戦ってる内には、歌に触れ、交戦的な症状が治まる事を見つける。 “マクロス”ではリン・ミンメイの歌により鎮圧。和平条約を結ぶ。

 マクロス後、‘マクロス2’‘マクロスプラス’‘マクロス7’でも色んな異星人が出るが、どれも音楽により、交戦的な症状が治まり、戦争までも無くなる。 

‘マクロスΔ’は、西暦2067年。ヴァールシンドロームと呼ばれる症状が異星人を交戦的にする症状があり、ヴァールを鎮静するフォールド派を持つ超音楽ユニット‘ワルキューレ’、変形ロボット バルキリーに乗るΔ(デルタ)小隊は戦っていた。 戦うと言うか、フォールド派を感じヴァールの発生を感じるとワルキューレが歌い、暴れる宇宙人をバルキリーで鎮圧する感じ。

銀河辺境域でΔ小隊とワルキューレが戦っていた。そこへワルキューレメンバーになりたいと村を出てきた少女フレイア。 国を出るのにコッソリ貨物船に乗り込み移動していた。 そこへヴァールの影響を受けた異星人が襲ってきた。

 デルタ小隊のハヤテはそこに居合わせるが、フレイアは自分の歌でヴァールの効果を治める。

ワルキューレのオーディションを受ける為に来たフレイアだが、フレイアの歌にフォールド派があると言う事で、メンバーになる事が出来そうだが、フォールド派は緊急時しか出ない様だ。 

ハヤテは、自身の機体に乗せてフレイアを元気付ける。 ワルキューレのメンバーも歓迎会を開くなどし、フレイアは、元気を取り戻し、晴れてデビューする事に。

デビューする惑星で、Live中にアンノウンが。ウィンダミア王国が襲ってきて、宣戦を布告。 フレイアは、そのウィンダミア王国の出身であり、スパイも疑われた。

フレイアを励ます為に、誕生日を祝うワルキューレメンバー。そして、デルタ小隊。短命であるウィンダミア人のフレイアは、ハヤテの人工雪のプレゼントに感動する。

一方、ウィンダミア王国がヴァール化増幅装置(遺跡)を風の歌を国王ハインツが歌い日に日に異星人は、ヴァール化の影響を受ける。デルタ小隊のエースパイロット メッサーもその影響を受ける。ただ、過去、ヴァール化しそうな時にワルキューレの前身でソロ活動をしていたカナメの歌でヴァール化を防ぐ。 

 メッサーはカナメの歌を聞き、ヴァール化を抑えていたが、それも限界を迎えていた。

劇場版もTVと同様、メッサー君はヴァール化してしまう。そこまでのくだりの処でカナメさんの“AXIA”という曲が泣かせるわけですが。

 三雲さんが入るまでカナメさんと前身のワルキューレがあったんでという話もあるけど。

最後まで歌がヴァール化を防ぎ、歌姫達も歌いながら戦ってるぞという構図は初代マクロスから変わらないけど…マクロスΔでは、歌姫達も戦艦(マクロス)の中で安全にいる訳じゃなくて衣装は飛べるし自分達で戦ってると言う構図はヒロインながら頑張ってる姿が…チームならでは。

今までのマクロスは、マクロスだとミンメイ単体で マクロス7だとバサラとバンドと言うチームで マクロスFだと2人のヒロインと言う構図が、マクロスΔで初めて1つのグループになったのも…見た目多いしヴァール化を引けそうだが、マクロスでミンメイ単体の頃から比べると…もしかしたら、ヴァール化は進んでると言うか免疫が強くなってるのかもしれない。

 色々思うところはあるけど、マクロスΔ初心者でも映画はありがたい存在だよね、総集編で。

結局、恋の行方は特に変化無かったけどワルキューレは頑張ったぞーと言う話し。ハヤテが主人公としてそれなりに活躍してるのは良いね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました