Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
トイ・ストーリー4感想 | あゆきょちの映画の館〜元ベテラン映画館スタッフブログ〜

トイ・ストーリー4感想

アニメ

1から出てたボーとの再会編。 それよりも、4は“フォーキー”が主役。 え?今、思ったんだけど…4.フォーだけに‘フォーキー’?

それにしても‘フォーキー’はオモチャではないが、そこに軸を置き、話しを進めていこう。

これは、例えば、現世界のディズニーベアのDUFFYやシェリーメイと同じ現象だ。 違うのは魂が宿ったのにフォーキーは“ゴミ”と言う認識で、本人も強く意識し、ゴミ箱に行こうとする処。 その感情でしか、動けない。

一方、現世のダッフィーは身体にMickeyのマークを縫われMinneちゃんが大切に作ったヌイグルミ。(魔法で)魂を与えられた時に話し、感情は無いものの現状の、確認をしようとする。“自分は誰?”“キミは誰?”そして、自覚した時、Minneちゃんだけの所有物ではなくなり(Mickeyの)大切な友達になる。[まぁ、Mickeyの為に作ったんだけどね] 皆んなに愛されるフワフワのヌイグルミ。

話しは戻って、アニメのフォーキーは、ゴミという事に拘りを持つ。捨てられ様と必死だ。 全然、現世のダッフィーと違う。

おもり役を、かって出たウッディは苦労をしながらも、フォーキーに自覚を促す。“キミはオモチャだ”と。ボニーの大切な大切なオモチャ。

ウッディはかつて、アンディーに大切に大切にされた様に。新しいご主人ボニーにも、大切にされたい。自分は“今”遊ばれなくても、ボニーの成長の糧に成りたいと言う想いがヒシヒシと伝わってきた。

私は、バズとウッディのコンビが唯一無二の存在と思ってきた。トイストーリーは、映画は全部見てる。

すごく好きとか、感動で号泣とかではナイけど、Disneyで面白い作品に変わりない。そして、2人はライバルでもあり、良きパートナーだ。 バズはズバ抜けて真面目な印象だった。だが。今回の4を見て、ウッディのマジメさが、アンディーへの愛や拘りが際立った。

今回の4はフォーキーが主役!かと思いきや、ウッディの主役の座は変わらない。

パートナーのバズが活躍しないと思うくらい、今回は…新しい、いや、元々の恋人のボーとの話しがメイン。だが、バズとのパートナーは永遠と匂わせてる処はあるけど。

今回の映画は、“悲しくてイヤな終わりかた”とコメントする人が続出。

だが、アニメとして、続きものとして。決して、ネタが無くならないDisneyは、大したものだと、私は思った。まだ、感情はあるんだもの。各キャラクターに想いを馳せらせる。

いつも、何か大切な事を気付かせてくれる。その後、ウッディーは絶対に幸せだ。

それにまた、トイストーリー5があるとしたら…(いや、多分、ない。外国では4は受けなさそう)ウッディーとバズの“再会編”確定だ。

そしてそして、現実でも、きっと、近々、パレードでフォーキーを見る日が来るだろう。(あとボーも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました