Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
CS放送ムービープラス2022.09.25『僕のワンダフルライフ』感想 | あゆきょちの映画の館〜元ベテラン映画館スタッフブログ〜

CS放送ムービープラス2022.09.25『僕のワンダフルライフ』感想

2017年作品

2017年映画。好きな作品。4回目の視聴。以前、試写会で当たって見た1回目、地上波2回目。試写会に行けなかった夫がレンタルして3回目。そして、今日。

結局ながら見だけど、最後まで見てしまった。

前回の感想はこちら↓

映画『僕のワンダフルライフ(ネタバレ)感想』

何度見ても本当に好きで。 ただただ、犬が可愛い…!犬が犬の人生、犬生を懸命に生き、生まれ変わっても生まれ変わってもイーサンの事を忘れない処。

終わりかたが懸命に生きる事に繋がり、そういう締めかたなのも良いなと改めて思った。

好きな映画でありながらも、最初の始まりかたを覚えてなかった。 結構前…2017年作品ですものね?

 冒頭、犬が車の中で熱中症の様な症状になってたのをイーサンが発見し、イーサンママが車のフロントガラスを叩き割り救出。

久々に見ると、え…?と衝撃の始まりかた。 その前に、ファンタジー的にモヤがあり犬生の始まりのモフモフ、ママ、よいにおいと言う様な、生まれてきたばかりの子犬が感じる事を描写。

 この映画の大半は、ワンちゃんの犬生をファンタジー場面をモヤっとCGで表している。

結構、漫画やアニメで使われる手法と言うか、昔からの手法だけど、それが新しく見える。

イーサンの家が燃えるシーンは何度見ても辛いし、ベイリーが警察犬に生まれて(♀)活躍したのに犯人にやられてしまう処、次に生まれ変わったら、虐待されてしまう飼い主と言うのは本当に本当に見ていて痛い。

私も猫を飼っているので辛い。 虐待なんてする人間は、ヒトじゃないんだ。

 このムービープラス、ノーカットだと思ったのだけど、最初のベイリーが猫ちゃんが先に亡くなってベイリーが掘り出すシーンは…無かった様な?

地上波で初放送の時も、確かにそこの部分、カットされてたのでCS放送でカットする意味あるかな?

私が見逃してただけかしら…ながら見だったから。

 終わりかたが、イーサンに何度も生まれ変わってやってきたベイリーだよと、オリジナルのベイリーと同じ行動した事で気付いてもらえて。

号泣が止まらない。 その後に続く、犬生の語りも良くて。原作小説読みたいなって思った。前から思ってるけど。

 さて、前回の感想よりあまり変わりないかもしれないけれど、久々に見れて満足でした!

犬好きには知っておいて欲しいし、絶対に見て欲しい作品でもある。

僕のワンダフルライフ(画像:IMDbより)

AmericaMOVIE『A Dog’s Purpose』impression

2017 Movie. My favorite film.4th viewing. First time I saw it after winning a preview before, second time on terrestrial. My husband, who couldn’t make it to the preview, rented it for the third time. And today.

I’ve seen it many times and really like it. The dog is just adorable…! The part where the dog lives his dog life, his dog life as hard as he can, and never forgets Ethan, whether he is born or reborn.

I thought again that the ending was connected to the idea of living hard, and I liked the way it ended.

I liked the movie, but didn’t remember how it first started. It was quite a while ago…it’s a 2017 film, right?

 At the beginning of the film, Ethan found the dog in the car suffering from heat stroke, and Ethan’s mom smashed the windshield of the car to rescue him.

It’s been a while since I’ve seen it, eh…? I was shocked when I saw it after a long time. Before that, there is a fantasy-like blur that describes what a newborn puppy feels at the beginning of its life, like fluff, mama, and good smells.

 Most of the film is a blurry CG representation of fantasy scenes of a dog’s life

It is quite a technique used in manga and anime, or rather, an old technique, but it looks new.

The scene where Ethan’s house burns down is painful to watch over and over again, and the part where Bailey is born a police dog (vagina) and is killed by a criminal even though he played an active role, and the next time he is reborn, it really, really hurts to see him as an abusive owner.

It’s hard for me because I have cats too. People who abuse them are not human.

 The way it ended made Ethan realize that he was Bailey who had been reincarnated many times, and that he acted just like the original Bailey.

I can’t stop crying. Inu’s narration that followed was also very good. I thought, “I want to read the original novel. I’ve been thinking about it for a while.
I want dog lovers to know about it, and I definitely want them to see it.

映画『僕のワンダライフ』国内外評価

国外の英語評価サイト、IMDbでの映画『僕のワンダライフ』の評価は7.2/10

日本での評価サイト、KINENOTEでの映画『僕のワンダフルライフ』の評価は76.7/100

大体、中の上かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました