Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
A24製作 ホラー映画『Xエックス』未知のXファクターの意味とは… あらすじ・ネタバレ感想 | あゆきょちの映画の館〜元ベテラン映画館スタッフブログ〜

A24製作 ホラー映画『Xエックス』未知のXファクターの意味とは… あらすじ・ネタバレ感想

2022年作品

2022年作品。アメリカ ホラー映画、“ヘレディタリー”“ミッドサマー”などの制作会社A24の作品。 実際の‘最高齢者殺人事件’を元にしたと言われている本作…。日本の映画ホームページにも、その旨の記載はある。映画『Xエックス』ホームページ

クリスマスイブにホラーを…しかもA24作品を見るとは、さすがホラー好きな夫らしいチョイスである。 一応、クリスマスイブイブには夫婦でクリスマスは過ごしてしまったのだが…ロマンティックなクリスマスイブイブがぶっ飛ぶ今年2022年のクリスマスイブだ。

 この作品、元の題材がその老人の殺人事件とは出てるものの、題材というだけで3部作になるらしい。『Xエックス』ウィキペディアにはそう出ていた。

 さてあらすじと感想を書いていきたい。

映画『Xエックス』あらすじ

1979年テキサス州の田舎町。マキシーン(ミア・ゴス)達はポルノ映画を撮りに田舎に来た。 田舎の一軒家を老夫婦に借りる契約をした敏腕プロデューサー ウェイン(マーティン・ヘンダーソン)。 ただお爺ちゃんハワード(スティーヴン・ユーア)はウェインだけの契約と聞いていた。

また、ウェインがハワードの家に来た際にはこの気難しい老人ハワードは、“知らない人が来た”と銃を向けた。 ハワードは思い出せないのか用心深さもあって、ウェインが説明するまで銃を下さなかった。

ウェインは銃を向けられ驚きつつも、連絡しただろ?と言うと銃を下ろすハワード。 ハワードの家の敷地内のその貸家を案内するが、1人に貸すと言う話しのつもりだったが、そこにはポルノを撮る為のスタッフとして学生監督のRJ(オーウェン・キャンベル)、録音担当ロレインジェナ・オルテガ)、男優ジャクソン(スコット・メスカディ)、ブロンド髪の女優ボビー(ブリタニー・スノウ)、多彩なXファクター〈未知なる力〉を持つ女優マキシーン(ミア・ゴス)、がいた。

人数の多さに賃貸を断りたいハワードだったが、ウェインは金を握らせると、ハワードは“ウチには心臓の弱い妻がいるから、心臓に悪い事はするなよ”と言い、貸す事を承諾した。

 早速、ポルノを撮る一同…。ウェインは、プロデューサーとして真面目な?ポルノと言いつつ、ゴリゴリのAVを撮るのを目論む。 学生監督のRJはこの“農場の娘たち”は背徳的で芸術的な作品を撮るだろうと思ってきていた。

 ウェインは男優ジャクソンとボビーでもうおっ始める作品を回す様に指示。 ウブな録音担当ロレインもただ指示に従い録音するだけ。 マキシーンもノリよくAVも撮ろうと言う感じだが、ロレインは沸々と目論んでる事もあった。

 ジャクソンとボビー・マキシーンとポルノ撮影をしてる事で、ウェインにロレインも録音で来てる(助手で来てる)だけには行かない、自分もポルノに参加したいと申し出る。 ウェインは了承するが、彼女がポルノに出るのに反対する者もいる。

ロレインの参加で純粋なロレインがポルノに出るなんて…とRJやジャクソンは少なくともショックを受けていた。

 撮影が進んでいるが夜になり老夫婦の妻パールは、他の仲間をさがしてるマキシーンを家に招き入れドリンクを差し出す。 夫ハワードに見つかったら五月蝿いから…と“2人だけの秘密ね”と言い、マキシーンは借家に帰る。

 納屋でポルノを撮った各々。 夜になると、納屋以外もフラフラ見て回る。 RJやウェインはパールに急に撃たれたり納屋でクワで刺される。 ロレインはハワードに捕まり、地下に閉じ込められる。(地下には他の男性と思われる遺体もある)

ハワードはジャクソンに妻のパールが居ないと家に訪ねてくると、ジャクソンは裸のままなので何か着てくると一旦部屋に戻り横で寝ているボビーを置いて、家を出る。この時点で皆、誰かを探しに行ったりで家にはボビーしかいない。

ハワードは家に自分の持ってる懐中電灯以外にも懐中電灯があると、家までと言い、ハワードは、軍隊経験がハワードと同じくあるし、夜目が効くから要らないと、互いに別々の場所で探す。

 パールは借家に行き裸になって寝てるボビーの横に添い寝する…。 ボビーが目覚め、パールに驚き騒いで逃げパールを危機に追い込んで湖のほとりに行った時思ったが、湖にいるワニに喰われる。

その頃、ハワードと別で皆をパールを探していたジャクソンは湖に沈む車を見つける。反対側に懐中電灯の灯を見つけ、ハワードが湖に落ちたと思ったジャクソンは助けにいくが…置いてあったのは懐中電灯だけだった。

ハワードが現れ、ジャクソンは胸を撫で下ろすが…ハワードは自分を心配したジャクソンを無情に身殺す。

 マキシーンは皆を探してる中で無情に殺されてる姿を見て、地下室から響くロレインの助けに向かい、助けに行くが、地下室から出てロレインは叫びながら出て玄関に向かった為戻ってきたハワードに撃ち殺される。

 生き残ったマキシーンはベッドの下に隠れているが、夫婦がそのベッドでおっ始めてしまい…果たしてマキシーンは生き残れるのか?心臓に負担がある病のハワードはパールに応える事が出来るのか…?

映画に合うポテト Amazon全商品検索⭐︎

映画『Xエックス』感想

A24らしい顔グチャ…の殺人がハイライトだった。 顔グチャの死にかたについては“ヘレディタリー”“ミッドサマー”以降に初めて見た…。A24の作品全てを見てる訳ではないが、A24のホラーというか、アリ・アスター監督作品が顔グチャが多いのか…。

 兎に角、高齢者がめちゃくちゃ連続殺人するこの物語…怖い。高齢者に銃を与えてはいけない例ですね。 あと、実話を元にしたと言うのが怖い……。

このポルノ撮ろうぜ!と田舎に行ったパリピ達は、ポルノというかもうAVシーン結構、モザイク無いのでは?位な際どいシーンばかり。 胸はモザイクかけないが昨今は、モザイクかけるシーンには肌と同系色をボカしてるようなモザイクな気がする。

エロい系の映画は見ないがほぼ、ホラーを見るとそう言うモザイクがかかっている。 昔、“シャイニング”を見た時には、VHSでしたが昔は黒のモザイクでしたね。 それがホラーの最高潮に怖いシーンで全裸で出てモザイクが掛かってるシーンで返って冷めてしまった。

 パール婆ちゃんとハワード爺ちゃんの躊躇なく人を殺す処はやはり、殺人を繰り返してきたんだろうなぁと分かる怖さ…。 2人のSEXシーンにももう…怖い。

まぁ、演じているのはハワードは知らないがパールと生き残ったマキシーンは同女優ミア・ゴスが演じているから…複雑な1人二役ですね。

タイトルの“X”は極限EXTREME、快感のXTC、未知なるエクスファクター…。そしてXmasイブに見たX…。Xmasにピッタリ?ですね笑。

確かにタイトル通り極限も快感も未知(後に警察が来て何が起きたか分からない殺人事件と言う)もある映画。 ただ、本当に訳の分からない事件だし、意味の分からない殺人。 ハワードはパールのSEXに応えられないから、その度に借家を貸した若者に性の相手をさせようとさせようとしたり、最期は殺す事で快感を与えようとさせたのか…。

まぁホラー映画なんで意味なんてなくても良いけどこれをどう3部作に持っていくのだろうか。 兎に角まぁまぁグロかった。

映画に合うホットドック Amazon全商品検索⭐︎
映画『Xエックス』の画像(参照:IMDbより)

映画『Xエックス』H.P.に見るネタバレページ

日本の映画『Xエックス』の公式H.P.を上記に載せたがネタバレページを見ましたか? 

悪魔の生贄のオマージュ作品だとか、タイトル『Xエックス』の意味だとか、“公式”なのに相当、ホラーにコアな考察とも言えるページを作っていて笑った。 そういえば、“X”は外国ではX指定(日本で言うR16の意味、日本ではR18、R15、PG12という規制がある)のXも含まれてるとの記述も。

レイティングの記述の中に1990年にX指定(16才以下鑑賞不可)のほかにNC-17(17歳以下鑑賞不可)と言うのが増えたらしい。知らなかった…。

Xのエクスタシーの意味は感情ではなく‘クスリ’のエクスタシーを意味するらしい。

 また、70年代を舞台にした本作は官能と共にあるホラーが主だった7.80年代を表現…とあるが、あの時代はポルノが全盛期だったらしいので、確かに本編ではエロがそのまんま出ているなぁと言った場面が幾つもある。

また、本作で撮るポルノは“農場の娘たち”は実際にある映画とか、ジャクソンが夜冷蔵庫から牛乳出して飲むシーンで牛乳に‘行方不明者’の広告が出てるのは、ロレインが地下で見た何者かの遺体らしいとか…芸が細かい。

また生き残るマキシーンは、エンディングに近付くに連れ、何度もチラチラと映し出される老夫婦の家のTVに何かの伝道師と信者たちの画像は、マキシーンの親だそうだ。 そういえば行方不明になってる娘がいるとも言ってた…。

劇中に“サイコ”のオマージュがあったり、“シャイニング”のオマージュもあると。“シャイニング”に関しては、裸の老女が度々出てくるので、どのホラー映画にしてもコレ、“シャイニング”でしょとは言い易い。

ロレイン役の子はまだ19歳…以前見た『スクリーム5』にも出てましたね…。

映画『Xエックス』のモデル?世界最高齢死刑囚 連続殺人事犯レイ&フェイ・コープランド夫婦

 A24自体が言及してないが、実際の世界最高齢者殺人事件からヒントを得た映画では無いかと言われてる。 少し調べてみてが日本ではあまり記事に残って居ない。レイ&フェイ・コープランド夫妻の殺人事件。 外国のWikipedia(レイ&フェイコープランド)を調べてみた。

ネタバレのページにも書いてはあるが、この夫婦が殺したのは農場の従業員で彼らの遺産目当てだと思い従業員を殺したらしい。 夫レイは既に詐欺師だった…と。若い頃から大恐慌時代を生き残るのに家畜を盗んだり小切手を偽造し詐欺したり…していたそう。

レイは何度も逮捕されたので牛を買えないと言う事があったが、レイが雇った漂流者達を介し、偽小切手で従業員に牛を買わせるなど相変わらず犯罪もしていた。 また妻フェイは黙認夫レイにDVを受けていたと、殺人事件が従業員によりリークされてから裁判で言ってたそう。

夫婦には5〜6?人の子供があったが、その人数くらい、従業員を殺してた。その度に名前のリストに×印を付けていたそうだ…この×印が、映画のタイトルXとも重なりそうだ。

レイはまともな教育を受けておらず齢70には耳も遠く読み書きも出来ないままで逮捕されてるので…本当にそんな情報弱者が1人で殺人を行ったのか?妻のフェイは亡くなるまでDV受けてたし殺人は知らなかったと言ってたようだが…。

ちなみにレイは自然死、フェイは脳梗塞で半身不随で口も聞けず、施設で亡くなったそうだ。結構、映画の妻パールとは違ってる点が多いかなとも思うが、映画が3部作とされてるから、パールと言うタイトルの映画(予定)では妻の若い頃を映画にするだろうし荒ぶる映画になるだろうな。

映画に合うタコス Amazon全商品検索⭐︎

映画『Xエックス』国内外評価

アメリカの評価サイトIMDbでの映画『Xエックス』の評価は6.6/10

日本での評価サイト映画.comでの映画『Xエックス』の評価は3.4/5

Filmarksでの映画『Xエックス』での評価は3.6/5

ホラーは比較的、感想を書く層も狭いとは思うが今回A24の作品ともあってそれなりに評価はされている。…が、中の上くらいかな。 外国では中の中くらいの評価かと。

今後の続編、出来たら良いですね…ポシャったり日本未公開だったら辛いな。

映画鑑賞に合うコーラ全Amazon商品検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました