Warning: Use of undefined constant ‘do_redirect_guess_404_permalink’ - assumed '‘do_redirect_guess_404_permalink’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9

Warning: Use of undefined constant ‘__return_false’ - assumed '‘__return_false’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/r0534643/public_html/ayukyochi.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/functions.php on line 9
シティーハンター最終章…ヒロインとの死闘!MX4Dで追体験『劇場版シティーハンター天使の涙』感想-あゆきょちの映画の館-

シティーハンター最終章…ヒロインとの死闘!MX4Dで追体験『劇場版シティーハンター天使の涙』(ネタバレ)感想その2

2023年作品

2023年作品。TVアニメシリーズ、シティーハンター最終章。アクション・ドラマ・恋愛・ファンタジー。 リアルな絵柄のバイオレンンスアクションな原作漫画は当時の週刊少年ジャンプ連載時でも目立つ存在でした。 

ただ当時の連載作品の中にはジョジョや北斗の拳、男塾等はリアル画としてあったとは記憶しているし細かいタッチがウケたかと言うと時代と共に変わってはきたものの圧倒的な画力で画集も売れたのでは無いかと思われる。私も北条司先生画集、持ってました。

北条司画集Amazon検索

さて、そんな圧倒的存在を醸し出していたシティーハンターですが、アニメ放送から36年?の時を経ての最終章、海原編であり、原作漫画と時を交差しパラレル的に令和の新宿も交えた今作。往年のファンは納得する仕上がりになっているのかも焦点ですが、好評の内に次を打ち出すのが賢明かと思いますよ、個人的には…。

1回目を見た時はそこまで評価を普通めにしてましたが、アニメは慣れるもの…そして久々に見ると新鮮さがあるものです。今回、2回めは此方もそれなりのファンである夫と4Dでと見に行き、視点が少し慣れた所での感想にはなります。

 1回めと違う映画感想をお届け致します。ちなみに、前回の聖地舞台挨拶付き映画感想の時分はパンフレットやグッズなど購入してなかったので今回はパンフを購入し拝読した上での感想で御座います。

解釈が一致した部分があり驚いたのはパンフに、キャラの“退場”(ヒロイン アンジー死すの意味)と書かれており、私もパンフ読む前にその文言で映画感想を書いてたので一緒だ…と思いましたよ。

さぁ、今回は4Dの感想ですよ。これからご覧になるかたも是非、どの様に見ようか(4Dか通常か)迷ってる人へは参考になれば幸いです。今後はTMN(TMネットワーク)の楽曲に拘って推してるならDolby Atmos上映や轟音上映もするのでしょうか…?

それではあらすじは前回の続きから書いていきますね。

前回→ シティーハンター天使の涙舞台挨拶感想


劇場版シティーハンター 天使の涙ネタバレあらすじ その2

(前回の続きより) アンジーの本当の目的は、何なのか?猫探しと嘘を吐きと言う事を、新宿アルタ前から喫茶店cat’s-eyeへと移動し、コーヒーを飲みながら会話をする香とアンジー。

香が問うとアンジーが“命を狙われてる”と事情を話す。アンジーは何者かに狙われてるが、手練のシティーハンターに事情を説明しなくても獠なら守ってくれるだろうと猫の写真を用意して嘘迄吐いたと。

香はアンジーのその悲痛な表情に嘘を吐いた事は許すと反応。カウンターでは、喫茶cat’s-eyeの店主海坊主(ファルコン)のパーティーの美樹がお茶請けにパンケーキを試作品だと出す。女子2人は歓喜し、喜んだ美樹はプリンアラモードはどうだろう?とまた試作品を出す。

感動する香とアンジー(スイーツを食べる時に格闘するかの様な様子だが)は、美樹とさながら女子会の様にはしゃぎ、美樹は料理の腕を褒められて次々デザートが出てくる始末…。

それを横目に少し平穏な日常に安堵した獠は喫茶店の前を通る女性にナンパしに行き、香は怒るものの…。束の間のタイミングでアンジーはニホンゴの分からない文言を香に聞く。“モッコリって何ですか?”…固まるカウンターの海坊主と美樹。

香は困惑したものの‘女性が魅力的と言う褒め言葉’と説明。すかさずアンジーは“では何故、冴羽さんは香にモッコリ(と言わない)しないのですか?”と問う。固まる海坊主と美樹。香は自分には良いのよ!と言う。

 家では食事の支度をする香とアンジー。香は肉じゃがをアンジーに教えつつ、野菜炒めを隣で作る。アンジーは日本料理を覚えて父親に食べさせてあげたいと夢を語る。 …アンジーは料理中に香に“もし冴羽さんが亡くなったら”と香に聞く。

危険な仕事を繰り返してきたシティーハンターだが、香の信頼は獠が強いからに尽きると…“獠は死なない”と断言する。だが、アンジーは実は自分は獠を殺しにきた…と告白。香はアンジーも冗談を言うんだねと爆笑。

アンジーはたまに若い頃の獠が、自分の父と崇める人物と映る写真を思い出して一方的にな恨みを口にする。 香に告げた朝方…まだ霧も出てる様な早朝、アンジーは宿泊先の獠のマンションから出て近くの神社を歩く。

其処には手足の長いエスパーダがアンジーをアノーニモ(名無し)と呼び、アンジーに襲いかかる。2人は派手に遣り合い、アンジーが優勢。其処にピラルクーという金髪の男も参戦する。アンジーはこの2人の男性と同じチームの暗殺部隊だった…。

暗殺チームの中でも唯一の女性だが、強さは誰よりも幼い頃から鍛え上げた格闘センスの持ち主のアンジーが2人と育ったが、その主導者の主領(メイヨール)は家族同然に育てた暗殺者達でメイヨールは皆を平等にしてた様に思えたが…。

アンジーは自分がメイヨールの傭兵時代に保護した女児だったが、メイヨールの海原に自分は名付けられてない事から不満を覚えていた。 エスパーダは暗殺チームで1番強いながらも…自分と似てる処を感じつつもアンジーが名前に拘るのもチームから抜けるのも理解を示さなかった。

 神社から近くの廃墟ビルに移動した3人。争いを続けているアンジーとエスパーダ。エスパーダはエンジェルダストの改良前の注射を打ち、力を倍増させてアンジーと戦う。一気に逆転されるアンジー。獠の話をすると…。

戦いの中で下の階段を登る何もかの足音が聞こえてきた…。そう、獠が向かってくれたのだ。形勢逆転、獠も参戦するがアンジーは良い顔はしない。アンジーの倒したい相手は…獠なのだから。

それでもエスパーダに重症を追わせ、エスパーダとピラルクーは逃げ帰る事に。アンジーと獠は廃ビルを後にし、アンジーは暗殺者でエンジェルダストを持ってる事をどうして分かった?と獠に問う。獠はcat’s-eyeと行動を共にして黒マントに触った感触と香水の匂いで気付いたと告げる。

獠は悲しい過去を持ち一方的に敵認定しているアンジーに、この世界は暗殺者として暮らすだけでは無いし辛い事ばかりでは無いよと、人混みなら狙い難いだろうと、賑わった場所に移動する事を提案。

香がミニクーパーで廃ビルに合流すると、悔しかったのかアンジーは獠の手を取り、自分の胸に当て、香が天誅を獠に喰らわす。 その後、車で台場方面に行く3人。デートを楽しんで…3人は個々で物思いにも耽る。

アンジーは1人、離れた際にショッピングモールで下着に興味を惹かれた後、迷子の子を見て幼い頃を思い返す。 獠と香は、今、獠が抱えてる事件が香の兄を殺したシンジゲートが関わっていると話す。また、アンジーと戦う事になる事も懸念していた。香は…依頼者にアンジーと何故戦うのか理解出来ないと告げた。

獠はアンジーとも船着場で話し、2人が戦いを避けられない事を懸念した。アンジーは小箱を渡し、香に渡せと。中には下着のブラ…そしてその下にはエンジェルダストが。アンジーは、最期の決着に向けて…避けられない元チームとの戦いを思い、エンジェルダストを獠に託す事にした。アンジーは単身、2人の元から離れる。

獠と香はミニクーパーで移動すると、エスパーダとピラルクーが大きな車両で追ってきた。 車の中のエンジェルダストを奪い逃げるエスパーダ。車は車線から飛ばされてあらぬ方向に落ちてしまう。

 海坊主と美樹の車も追い、ピラルクーの車両を追い詰め、警察に引き渡す様に誘導するが…。車は止まったものの、中のコンテナからはエスパーダはバイクで逃走。ピラルクーもまた車を捨て逃走。

2人は、エンジェルダストの引き渡しを待つ客船が川崎の港から来るのにそれぞれ、向かっていた。 アンジーは電車で移動していたが、エスパーダのバイクが線路に乗り、電車を止めた。アンジーも港に移動…。

クライマックスの舞台は川崎に港に移りつつあった………。

シティーハンター天使の涙 cat’s-eyeファンアート …どんだけ、キャッツアイ好きなんだよって言うね〜

劇場版シティーハンター 天使の涙MX4D感想

今回、聖地新宿がMX4Dの事から、夫も4D体感を久々にしたいと言うので、行く事に。そうです…4Dの選択肢の時に、4DXなのかMX4Dなのか迷うかもですが、聖地と言われる新宿でよくコラボするTOHOシネマズではMX4Dのマシンしかないんです。4D体験の中でも、と、言うわけでMX4Dにしました。 

感想はと言えば、OP(オープニングソング)・ED(エンディングソング)と車のシーンは全て下から突き上げる様な振動体験!雑踏…戦いでや壁が壊れるシーンでは煙が出て、アクションシーンは当然、手元から風(…今回、水は出なかったかも)や足元へバシバシと当たるムチみたいなの。

そんなのはアクションやホラー映画でもやり尽くしてるけど、4Dの強度もまぁまぁでした!(当方、このブログ主あゆは映画館スタッフ時代はテスト試写で60%?越えのアクション体感あり。4Dはなかなか100%出せない)
匂いはウィスキーと…バラの香りだったかしましたね。埃かも?(4D臭いにホコリ・バラ・ウィスキー等あり)まぁ、匂いの告知は普通しないので、想像してお楽しみ下さい。私も正確には分かりません笑。もう働いてないので。

さて、アクション率充分の4Dでしたので、前回より十二分に楽しめました!もう楽しかった!…としか何とも言えない。割とずっと動いてたのでアクションと香のハンマーが多かった印象。それで言うとやはり…前半のギャグシーンでは良く揺れたのかも。

4D=楽しい^_^くらいしか感想無いので、シティーハンター2回目の感想を書いていきます。

劇場版シティーハンター 天使の涙感想(2回目)

前回の感想では書かなかった部分ですが…。アンジーと獠の決着部分は海ほたる でしたか…。都内にずっと住んではいても、車使用してもあまり行かない使わない東京湾アクアラインと言うイメージですが。あのモニュメントも出てきましたね。ヘリでボコボコに撃たれてましたけど。

シティーハンター 天使の涙2回目で気になった処…

1回目に気になりつつ感想を書かなかった部分では個人的に、香とアンジーのお料理の時に…台所にあった洗い物、多かったかなと。作ってたのは肉じゃがと野菜炒め?チンゲンサイかな…彩的に。 食卓にはお新香と卵焼き、唐揚げが乗ってました。

それにしては洗い物で使った箸とか多すぎない?と思ったんだけど(どうでも良い事ですが)、唐揚げならまぁ…お箸変えたりあるかな。妥当かなと思い返してみたり。

あと、1回目の感想で工場地帯は川崎だと思う…って書いたんですが、cat’s-eyeがヘリで移動してた時に川崎とちゃんと言ってましたね。

とことん、1回目は何を見ていたんでしょう?と言う…。久々のシティーハンター緊張と期待でいっぱいでした…のに、あの結末。 結構、往年のファンは面白い、いつものシティーハンターと言ってたと思いますが…そんな事無いなと1回目は神谷さんの声が気になって仕方なかったのです。

アニメは“慣れるもの”なので繰り返し見てる内に慣れてしまいますが、やはり何回見ても楽曲がTMNの復活もあり、TMNのPVかなって…思う部分は拭えないんですよね。

あと、1回目の映画でも思った事だけど1回目の映画感想に書かなかった部分としては…獠がアンジーと言う依頼者と喫茶店に行くでしょ。アンジーが駅前で狙われた後…その時ってさ、いつものシティーハンターなら、“アンジーは硝煙の匂いがする”から同業者だ…と、いつものメンバー(香り以外の獠・美樹ちゃん・海坊主)なら言うセリフなんだけど。

何故、今回に限って無かったんだろう?いつものシティーハンターならすぐ言うセリフなのにね。 まぁ、アンジーがナイフ避けてる辺りで強さや同業者っぽいって気付いてはいるんだろうけど。珍しく、わざわざ言ってなかったよね。獠だけ気付いてるテイで。

原作漫画やアニメシリーズ見てる人には、上記の硝煙の匂いが…って言う意味分かるよね?

エンジェルダストから注射型麻薬(覚醒剤?)について考える

 1回目の感想で書き足りなかったのは、エンジェルダストの注射型麻薬(麻薬と表現してるけど覚醒剤が正しいのかも?)とはと言う事について今回は書いていこうと思います。ちなみにこの麻薬がクスリではなく注射型にしたのは1番は演出と言う見栄えかと思いますが。

近年、日本でも合成麻薬や芸能人がハッパ持ってた等の話しは身近になってきました。言うても、日本は麻薬…と言うか戦後に“ヒロポン”が。高度成長期くらいには“シンナー”(麻薬では無いけど)が流行っていたと言うか。そう言う時代もあったと漫画やドラマなんかで見聞きしてて。

ヒロポンについては…他のサイトの記述が(“みんなクスリが好きだった”ARBANコラム)面白かったので挙げとくが、ヒロポンが日本の戦後?、疲れを取るよと普通に売られてた様だしヘロインは日本の主に港町から…海外から入ってきたと思う。

シンナーについてはお掃除でも使うけど、昭和の不良(ヤンキー)はシンナーを袋に入れスーハーしトンでた。 麻薬=身体に一生残り依存も起こし機能が麻痺し、時にはハイになりつつ狂いつつ脳の活性化と思い、力が湧いてくる錯覚を起こすものだとヤンキーは吸ってた。

昔はそんなドラマも結構あったので作用について、人間ズタボロになると。また、それにより引き起こされる幻覚やらを結構忠実に再現したドラマを見た事があるが今はコンプライアンスの元、それは過激的になりR指定物になってしまうと思う…。

にも関わらず、そう言えばシティーハンターはR指定ついて無いね?アニメなら良いのかな。いや、良くなさそうなんだけどね、本当は。クスリの表現はR(レイティング)普通付くけどね。

クスリは本当に恐ろしいものだと思うんだが…精神科の病室等ドキュメンタリー番組でもやらない事なので、実際見ないと何とも言えないとは思うけど。近年、話題のトウヨコキッズがシャブ漬けされてなんて聞くけど、やはり大学生以下に悪い大人の手がかかっていると思う。

話には聞く。やはり、TVニュースだけではなく、学生と働いてるとそんな話しで◯◯大のと言う名称すら上がってくる。それは概ね、本当だと思う。某男性アイドルの事務所で性被害問題なんてニュースにもあったが、私の子供の時から聞いてたし、高校生の時にファンクラブに入ってた同級生はもっとエグいファン同士の話しもしていた。

結局、世の中に蔓延する噂って“ホントウがある”し人の口は塞げないから実際にあると思う。なので今回がエンジェルダストと言う何十年前の漫画の設定ではあるけど実際に起こってもおかしく無いリアルな事実もあり、それは衝撃と無念しか無い。

麻薬とははWikipediaなどでも調べれば分かるが接種方法でやはり強いのは、注射なのか?シンナーみたいに鼻から吸ったり、クスリで接種したり、医療麻薬として点滴みたいな感じでは無く、覚醒剤を摂取する時には即効性があるのは注射なのか?と考えてみた。

本当に縁も無いクスリ…は何も詳しく無いので調べると、‘モノによって’摂取方法が異なるのは成分の分解し易い等の理由があった。詳しいサイトを置いとくが…(“薬物乱用啓発事業” 岩手県薬剤師会より)要は、例えばコカインだと、記述にある様に構造的に分解され易い為、薬の形状では消化器内で分解され易い為、また煙では熱で分解される。

また注射では急激な作用がある為、鼻からの吸引がベストというかマストとの事。要は覚醒剤(麻薬)って吸引方法が違うのはハッパにしてもその方法が1番その薬を吸収し易い方法だからという事が分かる。ちなみに鼻から吸うのは鼻繋がる(穴開く)とかはよく聞くけど。

違法薬物…麻薬…覚醒剤と言いかた色々あるけど、その成分で良く脳を溶かしたり精神を壊すと聞くから、一生関わり合いたく無いものだけど。時代と共に吸引方法をどれがベストか研究?されてるんだね。煙の吸引は要は…タバコみたいにハッパ巻いて吸うモノもある意味よな。

脳を溶かし精神を病む…依存性がある。そんなヤクみたいなエンジェルダスト。最初にTVアニメか原作で見た時も、槇村を襲った男の話が結構、早めに出てたのは、久々に漫画を読み返して驚いた。 そして今作を見て、そうか…獠は唯一の生き残りなんだと再認識した。

そう考えると依存性は少ないエンジェルダストの初期を獠は試したのかなと思った。打たれたの? 今作の暗殺チームはアンジー以外は、過酷な暗殺任務で已む無く使用。ただそのパワーによって危機を脱したと物語では語っていたから、彼らの使ったエンジェルダストも依存性は低いのかもしれない。

ヤクは本当に精神を病み未来を壊すので近付くべきでは無いシロモノと言うのは当然ではあるけど麻薬は日常的に、病院では治療として使われてるのもあるし…そりゃあ副作用で幻覚も幻聴もあるかもしれないが大事な手段でもある事もある。

前回の映画ブログでも書いたが、本当にエンジェルダストみたいなのが存在したら恐ろしい。精神を病む・狂わすどころか肉体まで限界を越える様に働き、銃の弾を弾き返すのだもの。そんな技術と言うか、そんな麻薬は実際に作れないから現実的じゃ無さすぎるけどね。

人間の能力は数%しか発揮出来てないと言うから、そう言うヤクみたいなモノで脳が活性化するなら…脳みそパンパンになってゆくゆくは圧縮したり、今まで使ってなかった脳が脳内処理追いつかずに潰れそう…だから、脳が溶けるって言われるんだね。

大体、ハイになるならストゼロだって危ないし…エナジードリンクも乱用してたら死ぬし。何でも過剰摂取は良く無いし、人間の身体を構築するのに塩抜きとか摂らなすぎる事も危ない。だから食事はバランス良く食べ、睡眠も充分しろと言われるのは道理にいってる事。

昔の人から伝えられた事は、間違ってないものも多いと思う。 正しく真っ当に生きる事だけ…。道理を外れたらパクられる(逮捕される)案件が多いのも当然だし。…と、考えると探偵と言ってるけどこんな、非人道的な題材が流行るのもどうなのかと言う話になるけど。

原作者はいつも、反社がイケナイ事だし、コロス事でしか得られない解決方法と言う事と、ちゃんとその依頼人1人1人の心情と背景を描いているからここまで流行った訳ですが…。今作は誰も、暗殺チーム側のキャラが立っていても感情移入は出来ないでしょう。

だから泣く事が出来ない。悔し涙すらも浮かべられずポカーンである…。 もう、そもそも、早めにアンジーがエンジェルダスト壊しちゃえば物語は終わったのにね。移動し預け奪われ取り返し、落とし海原の手に戻り撃たれて使われる。何だコレ…。

エンジェルダストの悲哀を描くでもなかった。ヤクって、人を狂わすんだよは最期にギュッと入れたつもりでも、初めて体内に入れたのが強すぎる…位しか解らなくて。段階を追って例えばピラルークが注射してハーハー言って狂えばちょっとずつ、その成分の恐ろしさを伝えられるけど。

そう言う尺でドラマを魅せる訳でもなく…。結局、エンジェルダストと言うヤクが一人歩きしてる…まぁ、うーん…違和感と共にそう言うモノかもしれないけれど。麻薬はあんなに人を狂わすんだよって伝わり恐ろしいなと思われれば物語として成功だけど。

アニメだと何処となく他人事で…恐ろしさを表現出来て無かったんじゃ無いかと思う。ただただ、改良幻想ヤクを撃たれると殺されないと死ねないんだぞ…はあまり今の子供は単体で見に来る様な作品じゃ無いから恐ろしさが伝わり辛いかもしれない。

大人が見ってそんなの知識的に解ってるんだよ…で終わりで。少年漫画で連載してた作品なので、毎週の悲哀で苦しさと恐ろしさと実際にそんなヤクっぽいのがあったら絶対触れないと言う決意を思う子供に育つのを示す漫画だと思うけど。今作は、そもそも子供見に行かないなら残念かもなって思う作品ではある。

良いんだよ解ってる大人は、懐かしんだりキャラを愛でるのは。でも、中心核のエンジェルダストの恐ろしさを判るのは子供に知って欲しいんだよ。少年漫画だし。アニメなんだから。〜と、書いてる内になるほど、今作は口で説明多かったけど、コドモ向けでもあるのかもしれないと思った。

いやだからこそ、コドモが、少年漫画を週刊少年ジャンプを読むコドモが見ないと意味ないのかも。大人はいんだよ…もう。懐かしめば。 だから、判り易くなってたけど、楽しめなかったのかもしれない。もしかしたらちゃんと、子供向けだから。

そうだぞ、ヤクは悪いんだぞ。子供よ、この映画を見て学んでくれたら幸いですと、言いたい。

劇場版シティーハンター天使の涙 パンフレット読んでの感想

パンフレット、皆さん、買いましたかね?1,000円もする…とお思いかもしれませんが、コロナ禍前から値上げ傾向にありましたよ。でもその分、丁重も綺麗だったり加工されて光る表紙だったりそう言う紙を使ってたりしてます。

各ページも豪華にキラキラ光ったり(主に恋愛映画とかのパンフ)近年は、面白い構成だったり文章もちゃんとコラムニストだとか専門家が書いてる。某新海アニメ映画のパンフは第1弾どころか第2・3弾迄ある始末。でも、ちゃんと‘読ませる’一冊の本の様な仕上がりになってる。

近年、映画館スタッフしていた頃のポジションで多かったグッズ売り場で3年位はいたのでパンフを何十何百冊読んだ私が物申したいのですが…!今回のパンフはダメです………。紙選びが。インタビュー1の背景の紙が恐らく、シティーハンターっぽくと思い灰色の壁の様な容姿にしてますが、其処に壁のザラメ部分の用紙だから文が読み辛い。

何でその紙選んだ?それだと文が読み辛いから、じゃあ文字を大きくするとか色を変えるとか創意工夫が出来たでしょ?と思った。はぁ…。

該当のパンフレットの中身でインタビュー1のページの紙…このザラメっぽい用紙が読みにくい(文字はパンフレット内容保護の為、モザイクをかけてます)

あとインタビュー中心で設定資料集よろしくな絵があるけど、想定より少ないと思った。もう、インタビュー多くて文字だらけ。違うよね、違うのよ。絵が見たいのよ………。アニメ映画だよ。

上記の感想に子供向け映画かもと結論付けた後に思うとおかしな話しだけど、少年漫画のアニメ化として子供が映画見てパンフ買いたい!ってならない位文字が多い。そこ、どうなのか。もう、本当にシティーハンター自体、大人向けアニメだからこんな作りで良いんだよってパンフ作るのか。

シティーハンター天使の涙パンフレット内容の話し

今作 劇場版シティーハンター天使の涙のパンフレット

いや、でもアニメだし。もうちょっと文章よりも絵が優先のパンフで良いです。 今回のパンフメインが声優さんのインタビューの他に監督・総監督、脚本、音楽、音響監督、原作者…迄は良いけど、TMN小室さん・アニメプロデューサー対談と長い…。

プロデューサーも声優さんも長年やってたり作品が好きで想いの丈があるんだろうけど…長い。解ってるんだよ、思い入れがあるのは。そう言うのは舞台挨拶だけで良いんだよ。

その後は設定資料集ですが、まぁ…今作、聖地の地図。こちらは助かる〜。新宿のエスパーダVSアンジーでは廃デパートかと思った構造が、地図だと廃校と書かれていて驚いた。川崎エリアだとパンフには書いてないんだけど、あのアンジーが乗った電車は浜松町から出てる羽田空港行きモノレールかと思うんだけど。

地上に出てるので…ゆりかもめっぽいなとも思ったけどあんな座席じゃないし…?アンジーはその後、船で結局川崎方面に移動してるんだよね。なんかもう、移動し過ぎ。舞台を東京湾に持っていく為、見せ場は分かるんだけどなぁ…。最初の映画感想で書いた様に、新宿と言うシティーを飛び出しててシティーハンターとは?TOKYOシティーって事?ってなる。

エンジェルダストについてのページでは、今、都内だけか分からないけどシティーハンターセレクションで再放送してるので、概ねこのエンジェルダスト関連と言うか、過去の香や槇村以前のパートナー回をやってる印象。

ブラッディーマリーの回は、先日見ましたよ。TV放送以外だとTVerでエンジェルダスト関連では無いけどしてる。ちなみにシティーハンター2.3だった。また、原作漫画を1p使って海原を説明していた。

さて。その後は、本当に設定資料集三昧…。そんなにページ要らないだろ。カッコよく戦う獠とかクライマックスの飛ぶアンジーとかそう言う絵を魅せてくれよ…と。

劇場版シティーハンター 天使の涙の再びの気になった部分

まだ気になってる部分はあって。アンジーのシーン。美樹ちゃんがパンケーキあげてアンジーが食した後に、すごいアンジーがプルプルするんだけど乳揺れ半端ないなって………。それが良いんだけどね。

あと、クライマックスのアンジーがエンジェルダスト打たれてすぐ位にめちゃくちゃ飛ぶシーン。すごい…体操選手のジャンプを下から見た感じ。(いや、見たことないけど)凄く華麗で素敵でしたよ、ハイ。

個人的にルパンは要らなかったかなとも思ったけど。其れを言ったらキャッツだって…になってしまうからなぁ。 まぁ、前半パートがギャグ、後半シリアスだけど獠と香の関係性が初期に戻ってるのかな位、絆を感じないかな。

愛でもなく仲間みたいな兄妹みたいな…愛情深いじゃん?本当の関係性って。何でこうなったんだろうって。

それでも色んな事飲み込んで、ただただ、アトラクションを楽しんだ4Dは正解でした^_^それだけで評価が前回より上がった。 夫の気付いた事は、獠の銃は今作だと黒っぽいねと言う事。確かにTVアニメシリーズや原作漫画だと銀かも。パラレルって意味?

コメント

タイトルとURLをコピーしました